×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

VMWare PlayerでLIDSを動かそう!

もう一台マシンが欲しい時どうしますか?

普段Windowsを使っていて、Linuxの環境が欲しいなというとき、VMWareやVirtual PCなどが役立ちます。
ただし両方とも製品版なので、それなりに投資が必要となります。
恒久的に使うならまだしも、ちょっとした確認環境や、サーバを1台用意するほどでもない内々に使うWebサーバなどをあげたい場合、ちょっと困ってしまいます。
そんな時、便利なのがVMWare Playerです。VMWare Playerは、VMWare Warkstation、VMWare Sereverなどの製品版で作成した、仮想マシンイメージを起動することが出来ます。しかも、フリーなので、仮想マシンイメージさえ用意できれば、ディスクスペースさえあれば、仮想マシン環境が使えるようなります。

ここで、問題なのは、仮想マシンイメージ。知り合いがVMWareの製品版持っていれば、お願いして作ってもらうと言う手もありますが、ネット上でも提供されているものもあります。
そのひとつが、LIDS(Linux Intrusion Detection System)です。

ちなみにVMWareのVirtual Machine Centerには、SUSE Liunux、Red Hat、Ubuntu Linuxなどのイメージもありますので、こちらがよければどうぞ。

用意するもの

用意するものは、VMWare Playerと、LIDSのみです。以下のサイトから、ダウンロードするだけです。

2006年2月12日現在、以下が最新バージョンとなります。

環境構築の手順

ダウンロードが終わったら、環境構築です。手順は、以下のとおりです。

  1. LIDSのイメージを展開しておく
  2. VMWare Player をインストールする
  3. VMWare Player を起動する
  4. 使う!

これだけです。

以下、手順を説明していきますが、ほとんどVMWare Playerのインストール手順です(^^;;。